青汁との違い

ユーグレナがいいという声は高まるばかりです。今後、もっと多くの人たちがユーグレナを利用したい思いにかられることでしょう。ちょっと以前の時代、私達にはミドリムシで健康になろうという発想はなく、健康に対してのモチベーションが高い人たちは青汁に注目していたはずです。 今時、青汁ではいけないのでしょうか。青汁を今まで飲んでいた人たちは、焦ったような顔をして慌ててミドリムシにシフトしたということなのでしょうか。

粉末の見た目は青汁とミドリムシ両方ともそっくりで、しっかり管理しないどっちがどっちだか判らなくなってしまうかもしれません。

青汁とミドリムシの最大なる違いは、純粋な植物を原料として作られているか、そうでないかという問題です。純粋な植物原料からできているモノといえば青汁であり、青汁は大麦若葉やケールをはじめとして、明日葉や桑の葉などの植物そのものが粉末にされて出来たものです。

ならば、ミドリムシとはなんなのでしょうか。ミドリムシは、虫の仲間なのでしょうか……。鞭毛(べんもう)虫の一種なので、そう思われても仕方がないのかもしれませんが、 「単細胞真核藻類」という藻のグループと考えてください。植物と同じように光合成などの働きもしています。ということは、青汁とも共通部分を持っているということになります。